トップ > 目的別に馬プラセンタを選ぶ > 薄毛・抜け毛 > 馬プラセンタの薄毛・抜け毛に対する作用

馬プラセンタの薄毛・抜け毛に対する作用

馬プラセンタは薄毛や抜け毛を改善する効果が期待できます。一般的に髪の毛の本数は10万本程度と言われており、1日の間に50本~100本の髪の毛が生え変わるとされています。しかし1日に抜ける髪の毛の本数が200本を超えるような場合は薄毛になる可能性が高く、何らかの対策が必要と考えられます。

馬プラセンタには抜け毛と薄毛の原因である活性酸素を取り除く効果があるため、予防や改善として有効です。活性酸素は頭皮の毛穴に詰まった皮脂を酸化させるため毛母細胞に悪影響を与え、発毛が十分に促されなくなったり抜け毛が促進されやすくなります。しかしこの活性酸素を取り除くことで皮脂の酸化を防ぐことができ、頭皮の健康を保ちやすくなります。

加えてホルモンバランスを整える効果もあります。それによって皮脂の異常発生が予防できるため、毛穴に詰まって毛母細胞に悪影響を与えるそもそもの原因を抑制することができます。

更に馬プラセンタには成長因子が含まれており、育毛促進効果が期待できます。成長因子は体内の細胞を活性化させる働きがありますが、これが髪に対しても有効で毛母細胞に作用して髪の毛の成長を促進させます。このことから、最近では育毛剤の成分として馬プラセンタが使用されることもあります。

馬プラセンタは薄毛や抜け毛を改善する効果が期待できます。一般的に髪の毛の本数は10万本程度と言われており、1日の間に50本~100本の髪の毛が生え変わるとされ