トップ > 馬プラセンタの基礎知識 > プラセンタの種類

プラセンタの種類

美容や健康に良いと言われるプラセンタですが、どのような種類があるのでしょうか? プラセンタの種類にはどんなものがあるかというと、大きく分けて動物性プラセンタ、植物性プラセンタ、海洋性プラセンタの3種類があります。

まず、動物性プラセンタについてです。 動物性プラセンタとして有名なものには
・馬プラセンタ
・豚プラセンタ
・羊プラセンタ
などがあります。サプリメントやドリンクとして発売されているので、お手軽に摂取することができます。 これらの動物性プラセンタは、哺乳類の胎盤から抽出されるものなので、アレルギー反応が出にくいと言われています。

これらの動物性プラセンタの中では、特に馬プラセンタが人気です。 馬プラセンタは豚プラセンタに比べると、約300倍ものアミノ酸が含まれていて、安全性も高いです。 ドリンクタイプのものよりもサプリメントタイプの方がおすすめです。馬プラセンタの原液はとても不味いのでそのままでは飲めません。ドリンクとして売られているものは、飲みやすいように薄められています。 ですから、しっかりとプラセンタを取るにはサプリメントの方が良いです。馬プラセンタ飲みが配合されたサプリメントや他の美容成分も配合されたものなどがあります。

豚プラセンタは、他のものより生産量が多く、価格が安いというメリットがあります。 安く試してみたいという方でも手に取りやすいプラセンタです。 最近では馬プラセンタが人気が高すぎて、馬プラセンタが手に入りにくくなっているので、もしかしたら豚プラセンタに注目が集まるかもしれません。

羊プラセンタは、浸透力が高いと言われています。

そしてヒト(人間)のプラセンタです。 ヒトプラセンタは、化粧品やサプリメントには使うことが禁止されています。 ヒトプラセンタを摂取するには、医療機関で注射をしてもらうことになります。 注射をしてもらうとなると、結構心理的なハードルが高いですね。

次に植物性プラセンタです。植物性プラセンタは、化粧品などに使用されています。植物性プラセンタの場合は、胎盤ではなく胎座を使用しています。植物性プラセンタは動物プラセンタよりも効果が低いと言われています。

AMC記事をリライト 美容や健康に良いと言われるプラセンタですが、どのような種類があるのでしょうか? プラセンタの種類にはどんなものがあるかというと、大きく分け