トップ > 目的別に馬プラセンタを選ぶ > アトピー性皮膚炎 > アトピー性皮膚炎の症状緩和効果に馬プラセンタサプリ摂取

アトピー性皮膚炎の症状緩和効果に馬プラセンタサプリ摂取

プラセンタはアトピー性皮膚炎に効果があるといわれています。さらに、摂取しても副作用がないという情報も!

プラセンタのアトピー性皮膚炎に対する効果として、以下の3つの効果があげられます。

免疫抑制作用による体質改善
かゆみを発生する炎症を抑える
ステロイドなどで薄くなってしまった皮膚を再生させる

主にこれら3つの効果により、アトピー性皮膚炎の症状を緩和させることが期待できます。

ステロイドによる対症療法ではなくプラセンタによる根本的改善

多くのアトピー性皮膚炎の方が経験したことのあるステロイド治療。 アトピー性皮膚炎によるかゆみを抑えるには効果はあり、多くの病院でステロイド剤の使用がアトピー性皮膚炎の治療の中心となっています。

しかし、ステロイド治療は、対症療法でしかすぎず、根本的にアトピー体質を改善できるわけではありません。 そのため、ステロイド治療を続けない限り、アトピー性皮膚炎によるかゆみを抑えることはできなくなってしまうのです。

プラセンタには、免疫抑制作用があります。 私たちの体は体内に入ったウイルスや細菌などの異物を排除しようとする働き(免疫)があります。

この免疫の中心的な働きをするのがリンパ球(白血球の一種)で、アトピー皮膚炎の方は、このリンパ球が増殖することで、免疫異常を起こします。その結果、通常なら反応しない花粉やハウスダストなどにも過剰に反応することで、アレルギーを引き起こし、アトピー性皮膚炎を起こす根本的な原因となります。

プラセンタには、成長因子(EGF(上皮細胞増殖因子)やFGF(線維芽細胞増殖因子)など)が含まれているため、異常に増殖するリンパ球を排除する働きがあり、免疫を正常化させるよう助ける作用があります。そのため、アトピー性皮膚炎の症状を根本的に改善をすることが期待できます。

プラセンタには炎症を抑えて皮膚を再生させる

アトピー性皮膚炎には過剰な免疫反応があるため、かゆみなどの炎症を引き起こします。 プラセンタに含まれる成長因子の働きにより、免疫異常を抑制するため、炎症によるかゆみを抑えることができます。

さらに、プラセンタの成長因子は、皮膚の細胞を活発にして肌の再生を促す働きがあります。 アトピー性皮膚炎で肌がかゆくなる原因として、皮膚の最も外側にある肌のバリア機能が弱いことがあげられます。 肌のバリア機能が弱いので、アレルギーの原因物質アレルゲンが肌の中へ簡単に侵入してしまい、かゆみなどの炎症が発生します。

プラセンタによる肌の再生により、肌のバリア機能が強化されるので、アレルゲンの肌の中への侵入を防ぐこともできるのです。

通常、多くのアトピー性皮膚炎の方は、かゆみの発生で肌を掻きむしることで、肌のバリア機能を破壊。 肌の中へアレルゲンが侵入することで、さらにかゆくなるという悪循環のスパイラルに陥ってしまいます。

プラセンタは、成長因子の働きにより、肌の細胞を活性化させることで、肌の再生を促します。 一般に、ステロイド治療を長期にわたって行っていると、肌の細胞が破壊され、皮膚が薄くなり、肌のバリア機能が弱くなるという副作用があります。

プラセンタなら、免疫の正常化によりかゆみを抑え、さらに、肌を再生させることで、バリア機能を強化することで、悪循環のスパイラルを断ち切ることが期待できるのです。

プラセンタ注射よりサプリメントがおすすめ

プラセンタを取り入れる方法として、注射やサプリメントの摂取があげられます。

プラセンタ注射は、皮膚に直接注射してプラセンタを取り入れるので、即効性が期待できます。 しかし、その半面、肌への安全性に対してリスクがあります。直接肌に注射することで、それがアレルゲンとなってかゆみなどの炎症が発生することもあるのです。

そして、プラセンタ注射は続けづらいというデメリットもあります。 アトピーへのプラセンタの効果が実感できるまでは、個人差はありますが、最低でも3ヶ月は続けなければならないといわれています。 そのため、継続してプラセンタを取り入れなければ意味がありません。

プラセンタ注射は、週に1回~2回病院へ通院する必要があり、さらに、1回2,000円~3,000円程度費用がかかるといわれています。 月に1万円~2万円程度費用がかかることになります。

一方、プラセンタサプリメントは、自宅で手軽に摂取できるため、わざわざ病院へ通う必要がありません。 さらに費用は、月3,000円~4,000円程度です。

手軽さと費用面、安全性に対するリスクなどを考慮すると、注射よりもサプリメントの方が続けやすいといえます。 特にプラセンタ注射がいいという特別なこだわりがなければ、サプリメントがおすすめです。

プラセンタサプリメントなら馬由来プラセンタがおすすめ

プラセンタサプリメントに配合しているプラセンタは豚由来のものが多いです。 その理由は、豚由来プラセンタの方が大量生産が可能で、コストが安くすむためです。

豚由来プラセンタでも確かに効果はありますが、豚は抗生物質など薬剤を投与して育てられていることが多く、安全性・品質に対して問題があるものもあります。

一方、馬由来のプラセンタは、抗生物質などの薬剤は一切使わずに育てられていることが多く、安全性・品質に対しては安心です。 さらに、馬由来のプラセンタ、豚由来のものに比べて、成長因子が多く含まれているといわれています。

アトピー性皮膚炎に対して作用が期待できるのは、プラセンタの成長因子なので、成長因子が豊富に含まれる馬プラセンタのサプリメントがおすすめです。

アトピー性皮膚炎に対する効果が高い馬プラセンタサプリメントの選び方

馬プラセンタサプリメントには、馬プラセンタのみからできている馬プラセンタ100%サプリメントと、馬プラセンタにコラーゲン・ヒアルロン酸などの他の美容成分が配合しているサプリメントが販売されています。(プラセンタサプリメントは、美容目的で摂取する方が多いため、美容成分が配合されていることが多いです。)

馬プラセンタに含有している成長因子がアトピー性皮膚炎に対する効果が期待されるため、
馬プラセンタ100%サプリメントである
馬プラセンタの含有量・純度が高い
という条件を満たすサプリメントを選ぶことをおすすめします。

アトピー性皮膚炎緩和で人気の馬プラセンタ ランキングはコチラ
プラセンタはアトピー性皮膚炎に効果があるといわれています。さらに、摂取しても副作用がないという情報も! プラセンタのアトピー性皮膚炎に対する効果として、以下の